ブラックカード

英会話の勉強で使えるおすすめアプリ5つ

英会話系アプリを使ってみよう

スマートフォンの普及と共に、英語学習の手助けになる便利なアプリも沢山出ています。
 
英会話教材と併用して、このようなアプリを活用していくことで、効率よく英会話の実力をアップさせることができます。
 
このページでは私のおすすめの英語系アプリを5つを、利用してみた感想付で紹介します。
他にもいいアプリはあると思いますが、参考にしてみてください。
 

英語学習の手助けになる英会話系アプリ5選

1、Real英会話

英会話の講師が作った実践的なiPhoneアプリです。
350円と有料ですが、すでに36万人以上がダウンロードして活用しています。
 
実際にネイティブがよく使っている日常的なフレーズを丸ごと覚える形式となっていて、現在1000以上のフレーズが紹介されています。
 
難しい英単語・文法などの知識がなくても、ネイティブが使うちょっとした日常の言いましや会話表現を学習する事ができます。
 
日々、新しいフレーズが更新されているのもうれしいポイントです。
ネイティブが使う表現を知りたい人にはおすすめです。
 

2、EnglishUpgrader

日本でTOEICを運営している団体(国際ビジネスコミュニケーション協会)が提供しているアプリです。
iPhone版とandroid版、双方が提供されています。
 
利用は完全無料。実際に使われる英会話シーンに基づいて作成されており、フレーズの解説やチェッククイズなどが利用できます。
TOEICの点数アップを狙っている人はもちろん、英会話の実力を見につけたい人にもぴったりです。
 

3、iKnow!

総合的な英語学習のための学習サービスiKnowをスマートフォンで体験するためのアプリです。
ダウンロードを体験自体は無料ですが、6つ以上のセッションを使うためには有料の会員登録をしなければなりません。
 
パソコンとスマホアプリの学習状況を同期して、有機的に学習を進めていくことが可能です。
基礎単語、トラベル会話、TOEIC対策など目的に応じて様々な学習コンテンツを利用することができます。
 
記憶の低下率を計算し、最適なタイミングで出題をしてくれるので効率よく実力をアップさせることも可能。
リスニングができる機能もついているので、英会話の勉強をしたい人にもぴったりです。
 

4、iDaily pro

このソフトは、android版は無料で利用することができます。
iPhone版は350円と有料サービスとなっています。
 
アメリカの国営ラジオ放送(VOA)のニュースを毎日聞くことができるアプリです。
 
読み上げ機能があるので、リスニングの対策にはもってこいです。
日本語訳はつきませんが、表示されている英文の中の単語を長押しすることで意味を即座に調べることができます。
 
調べた単語は、単語帳に入れて保存しておくことができるので、語彙力を増やすのにもピッタリです。
再生速度も変えることができるので、リスニング力を高めたい人には最適でしょう。
 

5、ALL IN ONE

英語の参考書として有名なALL IN ONEのアプリ版です。
無料で利用が可能です。
 
419の例文を覚えるだけで、2600の英単語と1100の熟語・表現を身につけることが可能です。
大学受験からTOEICまで幅広い人の学習に使えます。
 
例文を読み上げてくれる機能もついていますので、リスニング力を向上させることも可能です。

コメントを残す

ページトップへ