幼児期から英語の勉強を始めるメリット・デメリット

幼児期から英語教育を始めるメリット・デメリット

 

幼児期からの早期英語教育が最近注目されています。
小さなお子さんを持っている方は、英語教室に通わせた方がいいのかどうか悩んでいる方がとても多いようです。

 

英語の幼児教育は上手くいけば、ネイティブ並に話す事ができるようになる反面、失敗すると英語嫌いになったり、日本語の成長に影響が出る事もあります。
幼児教育のメリット・デメリットをしっかり理解した上で、お子さんが楽しんで英語と触れる環境を作ってあげる事がとても重要です。

 

このページでは、で客観的に早期教育のメリット・デメリットを紹介していきます。
デメリットについては、その解消方法・対策も簡単に解説していきます。

幼児期の英語教育のメリット

 

 クリティカルエイジが来ていない

 

人間の脳の発達は8〜13歳で止まってしまうということが明らかになってきています(この年齢を「クリティカルエイジ」と言います。)
特に言語の能力はこの傾向が顕著なようです。

 

この時期を過ぎると、新しい知識を習得するのが非常に難しくなってしまうのです。
脳のネットワークが急増する幼児期。この時期に英語教育を受けさせると、スポンジに水をかけるように知識を吸収します。

 

これが早期英語教育最大のメリットでしょう。

 

 

 聞き取り能力に強くなる

 

聞き取りの能力は、かなり早い段階に完成してしまいます。
例えば音楽の世界では、5歳くらいまでに覚えさせないと、絶対音感を身につけることができない、ということは有名ですね。

 

これと同様、英語ならではの発音(LとRの違い)なども幼児期でないと上手に聞き分けできなくなってしまいます。

 

 

 英語に対する抵抗がない

 

日本人は、英語に対するアレルギーが強いことで知られています。一度苦手意識を持ってしまったことを克服するためには、かなりの労力が必要となってしまいます。
幼児期には、英語に関する抵抗感がほとんどないので、スムーズに学習に入ることが可能となるのです。

 

ただし、幼児期に英語の勉強をする際には、お子さんに楽しみながら学習をさせる事を意識する事が大切です。

早期教育のデメリット

 

 お金がかかる

 

習い事全般に言えることですが、費用の面の検討は不可欠でしょう。
教材を利用するにしても、習い事として先生をつけて勉強するにしてもあたりハズレがありますので、慎重に検討する必要があります。

 

 

 日本語に支障が出る場合も

 

英語教育に力を入れるあまり、肝心の日本語に支障が出てしまうようなケースが報告されています。
英語と日本語が下手に混じってしまった「ルー語」状態になってしまうという悲惨な事例もあります…

 

これを避けるためには、教育のバランス感覚が重要となってきます。

 

あくまで生活の中心となるのは日本語。
英語の学習以外の時間は、親御さんがきちんと日本語を使って、会話をしてあげることが大切です。

 

 

 大人になったらすっかり忘れてしまう

 

せっかくお金をかけて習得したのに、中学生に上がるころにはすっかり知識が抜け落ちてた…という場合もあります。
これを防ぐためには、コツコツと英語に接する機会を作ってあげることが重要でしょう。

 

 

 英語アレルギーになってしまうことも

 

教育熱心になってしまうあまり、お子さんが英語嫌いになってしまうこともあるようです。
このようになってしまうと、早期教育が逆効果となってしまいます。

 

子どものときに根付いた英語嫌いの感覚は、大人になってからも大きく影響してしまいます。
お子さんに対して、過度の押し付けになっていないかどうかをきちんと考えながら通塾させるようにするといいでしょう。