ブラックカード

英語教育は何歳くらいから勉強させるのがベストなのか?

英語教育は何歳くらいから勉強させるのがベストなのか?


 
子どもを持っている保護者の方は、何歳くらいから英語教育を始めればいいのか迷ってらっしゃると思います。
 
早期の英語教育にはメリット・デメリット双方があります。
これを踏まえた上で、みなさんの教育方針やお子さんの成長に合わせて計画を練っていくのがベストでしょう。
 
このページでは教育方針に合わせた英語学習開始の年齢の目安をまとめています。
 

英会話教育を始める年齢の目安

効率を重視するなら、0歳~5歳の間がベスト!

英語を使いこなすためには、幼児期に英語教育を施すことが重要だとされています。
その理由は、脳の成長限界が8~13歳程度。これを過ぎてしまうと、学習の効率が落ちるということが証明されいるからです。
 
もし、子供のころから英語学習を始めるのであれば、早いに越したことはありません。
小学校から始める場合には、低学年。可能なら幼稚園・保育園に入る前から通わせれば、早いスピードで英会話を身につけることができます。
 

リスクを最小化するなら、3~8歳くらいがベスト!

幼児期の英語学習は一般的に早ければ早いほど効果は上がります。
ただし、幼児期から英語学習を始める際のデメリットをしっかり理解しておく必要があります。
 

早すぎる英語教育のデメリット

 
・教室での教育についていけない可能性

お子さんの成長段階、性格などはそれぞれ違います。
幼児教室では、様々な成長段階にある子でも対応できるような体制を整えるようにしています。
 
それでも、授業を聞かずに走り回ったり、内容についていけず英語が嫌いになってしまったりする場合があります。体験教室などの制度を使って、通塾が可能なのかどうかを判断するようにするといいでしょう。
 
心配な場合、家庭教師のような家庭訪問タイプや、マンツーマンで指導する個別指導のタイプの英会話教室もあります。いろんな選択肢を検討してみるといいでしょう。幼児用の教材を使って、親御さん自身が一緒に教えるという形もいいかもしれません。
 
・日本語の能力に問題が出てしまう危険性

あまりに早い段階で、英語をみっちり教えてしまうと、肝心の日本語能力に支障が出るという事が時々起こります。
 
このような事態を防ぐには、軸となる日本語の教育もしっかり施していく必要があります。
ご家庭でしっかりと日本語の会話をする事で、日本語、英語共に苦手になってしまうリスクは大幅に減らせます。
 
上であげた様なリスクを避けたい場合、ある程度成長する4歳以降に通わせる方がいいかもしれません。4歳以降でも十分に英語の学習効率は高い時期なので、焦る必要はないでしょう。
 

小学校低学年までに勉強を開始すればOK

以上で説明しましたように、早期英語教育にはメリットもデメリットも混在しています。
早ければ早いほど効果は上がる反面、デメリットも大きくなってしまう傾向にあります。
 
バイリンガル育成のためのベストな年齢も小学生低学年まででしたらどのタイミングでもいいと言われています。
 
早く教えないと!と焦る親御さんも多いようですが、子どもの成長をしっかりと見極め、英語学習を始める時期を調整していくようにするといいでしょう。家庭の中でできる範囲で英語に触れさせていく工夫も大切です。

コメントを残す

ページトップへ