ブラックカード

英語脳を作る重要性と効果的な勉強法

英語と日本語の構造は全く違う


 
日本人は、世界の中でも英会話が苦手な民族だと言われています。
その理由は、日本語の構造は、英語の構造と全く違っているからです。
 
言語学者に言わせると、英語を話している人の脳と、日本語を話している人の脳とでは、働き方が異なるようです。
 
では、どうすれば効率的に英会話を習得できるのかをこのページではまとめていきます。
 

英語脳を作る(日本語に直さず、英語で理解する練習をする)

・英語脳とは?

「英語脳」とは、ネイティブが会話をしているときの脳の働きのことです。
この説明だけではよく分からないと思いますので、具体的に解説していきます。
 
私たち日本人が英文を聞いて訳するときには、一度日本語訳をする人が多いです。例えば、
「I received the package today. 」という英文なら、「私は今日荷物を受け取りました。」と日本語の単語の語順で理解しようとします。
 
しかし、ネイティブは英単語を英語のままで理解します。
語順も並び替えず、頭から順に把握していきます。「わたしは、うけとった、荷物を、今日」という並びです。
 
聞いた(読んだ)英語を英語の語順のまま、意味を理解する事が英語脳です。
 
日本語から離れ、英語脳を作る事で、英会話の能力や英文を読むスピードが飛躍的に上がります。
では、英語脳を作るために、具体的にどういうことを意識して勉強をすればいいのでしょうか?
 

英語脳を作るポイントは2つ

英語脳を作るポイントは2つです。

・英文を頭から順に意味を理解していく(返し読みしない)練習をする。
・英単語を日本語に置き換えず、英文のままイメージできるようにする。
 
それぞれ簡単に解説していきます。
 

・英文を頭から順に理解する

英語を日本語の語順に並び替えると、時間・手間がかかってしまいます。
特に英会話をしている時に、聞こえてきた英文を日本語で考えている暇はありませんし、まとまった量の英文を読む時にもこの差は大きく出ます。
 
英文は英文の語順で理解するのがいちばん効率がいいです。
 
同時通訳の方の和訳に少し違和感を感じた経験はありませんか?
同時通訳の方は、英文の語順のまま(聞こえてきた順番に)日本語訳をするため、少しおかしな日本語になるんです。
 
英文を英文の語順のまま理解する学習方法は、今日では英語学習の常識となっています。
 

・英文を頭から理解するのに効果的な勉強法

・シャドーイング
シャドーイングの方法はこちらにまとめています。
 
・英会話教材を使う
英語脳を作るトレーニングができる英会話教材はスーパーエルマーでしょう。
長い英文を意味ごとに区切り、前から順に英語の語順で理解する事に重点を置いたカリキュラムを採用しているからです。
 
これによって、英語の思考方法を脳に叩き込むことができます。
英文の語順で理解する事に慣れるには、個人的にはスーパーエルマーが一番効果的だと思いました。
 

・英単語を訳せずにイメージするために

「Apple(アップル;りんご)」という程度の英単語なら、appleのままで理解できるでしょう。
このように聞いただけで(英文のまま日本語を使わずに)イメージできる単語を増やしていくことが重要です。
 
和訳せずイメージできる英単語を増やすコツは、単語だけではなくフレーズごとイメージする練習をする事です。単語やフレーズのイメージを定着させるためには、実際の英文や会話文を何度も繰り返し聞く事でその能力が徐々についてきます。
 
勉強方法としては、英語のニュースや、英語のドラマなどをを録画して何度も聞く事が効果的です。
個人で教材を用意するのが手間であれば、英会話教材を利用するのもありでしょう。
 
スピードラーニングやスーパーエルマーなどは、
英文→日本語訳という流れで何度も繰り返し聞き流すタイプの教材ですので、英語脳を作るには効果的です。

コメントを残す

ページトップへ