ブラックカード

時間がない人のための英会話・リスニング上達法


 

・時間がなくてもちょっとした工夫で英会話は上達する

英会話がなかなか上達しない理由の中で特に社会人の方でいちばん多いのが、
忙しくて勉強する時間がないという理由です。
 
英語は急には聞いたり話したりすることができるわけではありません。
ある程度の期間、時間をかけて勉強していく必要があるのです。
 
例えば、リスニングは一般的には1,000時間程度聞くことが一区切りとも言われます。
それでも、すき間時間を作ったり、勉強方法をちょっと工夫すれば、英会話のスキルをあげる事は十分に可能です。
 

忙しい人向け・英会話・リスニングの勉強法

社会人や主婦の方は、なかなか勉強のための時間が作れないと思います。
毎日1時間でもいいから、と言われても、そんな時間もない!
という人が時間を作ったり、少ない時間で効率的に勉強するための簡単な工夫を紹介します。
 

確保できる時間を増やす

・一日のスケジュールを書きだしてみる。

1日のスケジュールを書き出してみると、無駄な時間が意外とみつかるものです。
 
例えば、いちばん大きいのは通勤のバスや電車、すごい人だとトイレの時間や、寝る前の5分間、
など少しの「スキマ時間」を合せて、1日1時間程度確保している人もいます。
 
とは言っても、急に時間を確保するのは難しいでしょうし、無理がくるはずです。
毎日30分を目安に、ムリをし過ぎず英語に触れる時間を確保することから始めてみましょう。
 

・英語を聞き流すだけの日を作ってみる

毎日少しでも英語に触れると言っても社会人の方だと、仕事で疲れた頭で、集中して毎日机に向かうのはたいへんでしょう。
 
ですので、週に何度かは、聞き流すだけの教材を使ってみるのも1つの手です。
 
その時に、聞き流すだけで英語力が身につくように作られた教材を利用するのはありでしょう。
スピードラーニングやスーパーエルマーなどは、聞き流すだけで英語力をあげるように作られているので、聞き流し学習の日にはとても有効です。
 
当然、英会話のスキルをあげるためには、英単語や文法などの学習をしなくてはいけないのですが、
座学でがっちり勉強する日と、英語を聞き流す日を作りながら勉強すればストレスも少なく、学習効率もあがります。
 

時間の濃度を濃くする(TOEIC500点以上の方向け)

本来、リスニングである程度聞けるようになるまでにかかる時間は、1000時間から3000時間ほどかかると言われています。
 
これが正しいとすると、毎日1時間やったとしても、1000~3000日…3年から10年ほどの期間が必要となってきます。
 
1000時間の学習を1年でやると言うのは難しいですが
時間の密度を濃くすること可能です。
 
勉強の濃度を高めていくことで、習得期間を短くすることができます。
 
例えば、私が利用していたスーパーエルマーのハイスピード学習などはその典型でしょう。
ネイティブスピーカーの2倍の速度の英文を繰り返し聞いていくことで、リスニング能力をかなり上昇させることができます。
 
本来の速度の半分でゆっくり聞くのと比べると、4倍の情報量を入れることができます。
なかなか独学だけで、英語学習の濃度を高めることは難しいです。
 
英語学習の濃度を高めるのであれば、
科学的に分析されたカリキュラムを採用している教材なりテキストをしっかり選んでいくことが重要です。
 

効率よく勉強する

学習の密度の問題と似ていますが、英語学習の肝は勉強の効率です。
 
だらだらと無計画な勉強をしていては、少ない時間もアッと言う間に経過してしまうのです。
 
例えば、
5分間単語帳に英単語をノートに写すという勉強法と、5分間で500単語含まれている英文を聞く方法。
どちらが効率が良いでしょうか?
 
勉強方法に個人差はありますが、私は後者の方が効率がよかったです。
聞き流すだけとは言っても、脳に刺激は言っていますので繰り返すことで単語も自然と定着します。
大切な事は繰り返し聞き、脳に定着させる事です。
 
効率を上げたい場合にも、教材の力を借りるのが早道でしょう。
個人的には英単語を聞きながら暗記するのに適した教材は、速読英単語とDuoだと思います。

コメントを残す

ページトップへ