ブラックカード

リスニング勉強法・TOEICで600点~800点を狙うなら

TOEIC600点を超えるためには

600点越えを目指すためには、ある程度基礎的な英語力を最低限備えておかなければなりません。
600点は平均点少し上と言っても、TOEICを受験する人はある程度英語の勉強をしている人たちばかりです。
センター試験よりは上のレベルの英語力が当然必要になります。
 
また、600点越えのために要求される英語力は…
・単語力
・文法力
・英文を速読する能力
・リスニング能力
この4つがバランスよく高いレベルで完成している必要があります。
 
この中で、いちばん短期間でスコアが上がるのがリスニングです。
 
単語力に関しては、ビジネス向けの単語を暗記していく作業になりますので時間がかかります。
文法力に関しては、基礎さえあれば、パターンである程度は取れます。そこから先は単語勝負になるため時間がかかります。
英文を読む力も、完全に慣れですので英文をたくさん読んで慣れるしか方法はありません。
 
※模試や過去問を解いて、問題形式と処理の速度(時間配分)に慣れておくことは前提として重要です。
 

TOEIC向けのリスニング能力を上げるなら

TOEICでいちばんスコアが短期間であがりやすいのはリスニングパートですが、
正しい方法で勉強しなくては当然スコアアップ・スキルアップにはつながりません。
 
例えば、
自分で海外のニュース音声を入手してきてもいいのですが、訳が分からない状態で垂れ流しで聞いても効果は薄いです。
逆に中学レベルの英文を聞いていてもほとんど意味はありません。
 
リスニングパートの勉強は、自分のレベルに合ったTOEIC向けの英語教材やテキストを使う方法が王道になります。
 
TOEIC向けのリスニング教材やテキストは多数出版されていますので、自分に合ったものをしっかり選んでいく必要があります。
本屋などで実物を見たり、教材なら無料体験を利用してから慎重に決めた方がいいでしょう。
 

リスニング強化のために私が使っていた教材

参考までに、私が利用した教材の中で使えると思ったのは、スーパーエルマーです。
 
理由は5つあります。
・TOEICのリスニングに特化している。

・レベルごとにコースが準備されている:700点越えを目指す場合にはCBCコースが良い
※600点を取れる実力がない場合には、より初級向けのAOVコースから始めるといいでしょう。

・意味の塊ごとに区切りを入れ、日本語の同時通訳を流す仕組み:頭から順に理解するという英語脳の形成に役立ちます。

・ナチュラルスピードの2倍までメニューに入っている:より速いスピードに慣れることで、本試験の問題スピードが遅く感じるようになります。

・使っている素材がアメリカのニュース音声:TOEICの問題に近く、点数アップに直結します。
 
このような教材と合せて、過去問潰し・模試の受験などを行っていくのも忘れないようにしましょう。
TOEICは癖がありますので、試験対策とちょっとしたテクニックでスコアはかなり上がります。

コメントを残す

ページトップへ