ブラックカード

シャドーイング・ディクテーション・リピーティングの効果と方法

シャドーイング・ディクテーション・リピーティングの効果と方法


 
今回は、英会話の練習の中でも効果が高い3つの学習法のやり方と効果をまとめました。
特に、シャドーイングは中級者以上におすすめの学習法ですが、とても高い効果があります。

シャドーイングの方法と効果

シャドーイングとは、英語を聞いてすぐに後を追うように発音する勉強方法です。
shadow(影)のように追いかけることから、この命名がされています。
 

シャドーイングのやり方

シャドーイングは本来、テキストなどを見ずに聞こえてきた英語の発音を後追いします。
ただ、あまり慣れていない人は難易度が高いため、文を見ながら追いかけるといいでしょう。
 
自己流の発音などは使わず、聞いた発音をそのまま真似るようにします。
素材は、必ずネイティブスピーカーが話しているものを選ぶようにしましょう。
 
シャドーイングは、通訳志望から現役の通訳までが毎日やっている英語の訓練方法として有名です。
最近では、入門者・初学者の勉強にも効果が高いことが分かってきて、定番の勉強法となっています。
 

シャドーイングの効果

ネイティブに近いリズムやイントネーション、発音などが習得できます。
英語のスピード感に慣れることもできますし、実際に英会話をしているような効果も得られることができます。
 
また、返し読みをせずに英語の語順で文の意味を取る訓練としても効果的です。
 

リピーティングの方法と効果

リピーティングは初級者~中級者までに効果的な学習方法です。
 

リピーティングの方法

リピーティングは、いわゆる「おうむ返し」です。
リプロダクションと呼ばれることもあります。
 
シャドーイングと似ていますが、すぐに後を真似るのではなく、ある程度の塊を流した後に追いかけます。シャドーイングに比べて簡単ですので、初めのうちはリピーティングをした方が学習効率はあがるでしょう。
 
リピーティングのやり方は、モデルと決めた英文を流し、一時停止をかけてから忠実に再現します。
シャドーイングと同じように、発音や抑揚なども含めて再現するように心がけます。
 
慣れてきたら、文章の長さをだんだん長くしていくといいでしょう。
 

リピーティングの効果

シャドーイングに比べて、すぐに追いかけないため、集中力・記憶力が求められますので、毎日やる事で英文を英文のまま暗記する事ができるようになります。
 
その他には、発音の練習、聞き取り能力などが向上します。
 

ディクテーションの方法と効果

ディクテーションは初心者に効果的な勉強方法です。
単語・英文のレベルを上げるなどすれば中級者でも効果はあります。

ディクテーションの方法

ディクテーションは、流れてきた英文を聞き取り、それを紙に書き下す練習方法です。
初めのうちは全文ではなく、虫食い式にして学習した方がいいでしょう。
 
少し時間と手間はかかりますが効果は絶大です。
 
ディクテーションを行う際に、使う素材は、シャドーイング・リピーティングなどと同じで構いません。
1文流れるごとにポーズをかけて、手元に準備した紙に英文を書き留めていきます。
 
1巡したら、文章が合っているかどうかを確認します。
単語の綴りがあっているかどうかも一緒に確認しておくといいでしょう。
 

ディクテーションの効果

リスニング能力と、語彙力・ライティング能力を養うことができます。
リスニングの練習だけでは、単語を覚えることができないので、ディクテーションを織り交ぜていくことは非常に有益です。
 
また、英語の学習法の中では、一番集中力を鍛えることができる方法としても知られています。
初心者向けなので、上級者のリスニング対策では、シャドーイングをメインにするといいでしょう。

リスニング学習法のまとめ

英会話・リスニングを上達させるための学習は、
同じ素材・教材を使っても、様々な使い方・勉強法をする事で、レベル別に色々な効果を得る事ができます。
 
特に、上の3つの方法は私もやりましたし、おすすめなのでぜひ試してみてください。
アプローチを変えて繰り返し学習していくことは、英語訓練では大切な事です。

コメントを残す

ページトップへ